PROBLEM

-こんなお悩みはありませんか?-

SYSTEM

-自家消費型太陽光発電システムの仕組み-

自家消費型太陽光発電とは太陽光で作った電気を電力会社に売らずに、 工場や店舗などの自社設備で使用するシステムです。

 
 

VALUE

-オプティマソーラーで実現できること-

STRONG POINT

– オプティマソーラーの強み –

CASE

– 導入事例 –

OPTHIMA SOLAR CASE STUDY

詳しい情報はこちらからご覧ください

RETURN

– 電気代削減イメージ –

AVERAGE RETURN

FLOW

-ご利用の流れ-

標準的なご利用までの流れになります。 お客様のご要望や課題に応じて最適な方法をご提案しますので、 お気軽にご相談ください。各ステップに必要な期間は、 お問い合わせの際にご確認ください。

INFORMATION

– システム情報 –

FOUR MODELS

自家消費型太陽光発電システムの「4つのモデル」

「自社所有モデル」、「オンサイトPPA」、「自己託送」、「オフサイトPPA」 このうち主流は自社所有モデルです。 他のモデルと比較し、発電した分の電気料金がかからないことや非常用電源として活用できるメリットがあり、 電気料金削減には最適なモデルです。一方で、導入費用やメンテナンス費用がかかることと、 敷地内に設置するスペースによって、発電量に限りがあるデメリットがあります。

ボタンをクリックで、それぞれのシステムモデルを イラストで比較できます。

FAQ

– よくあるご質問 –

A 設置する太陽光パネルの容量や面積、業者、お客様の状況によって異なります。当社では、1kwあたりの費用は 11.9万円〜です。 事例 中規模事業所  70kwH 初期費用 1225万円  回収年数 7〜8年 大規模事業所   225w 初期費用  3300万円  回収年数  7〜8年
A 太陽光発電の導入期間は、設置する太陽光パネルの容量や屋根の面積、業者によって異なります。一般的に6ヶ月程度です。
A 太陽光のメンテナンスは2年に1回程度が目安です。メンテナンスの内容は、太陽光パネルの清掃、架台の点検、配線の点検などです。
A 太陽光発電を導入する際には、次の点について注意してください。 ・設置する太陽光パネルの容量を、年間の電気使用量に合わせて選ぶ ・屋根に設置する場合、尾根の面積が十分に確保されているか確認する ・太陽光発電の圃場圏制度を活用する ・信頼できる業者に依頼する 詳しくは、お気軽にご相談下さい。
A 太陽光発電の電気代削減額は、設置する太陽光パネルの容量や屋根の面積、年間の電気使用量によって異なります。一般的に、1kWあたりの電気代削減額は年間10,000円前後です。

詳しい情報はこちらからご覧ください

 
 
 

CONTACT

お問合せ

お問合せ・資料請求はWebフォームにて お気軽にご連絡ください。